健診センター

 大事なペットの健康管理は大丈夫ですか?

 当院では、一般診療に加え、大事なご家族のための定期検診も重要視しております。ワンちゃん、ネコちゃんは6歳になると、私たちの年齢に換算すると40歳になります。そして、その後1年おきに4歳ずつ年をとっていきます。そのため早いようにも感じますが、6歳くらいで病気が出てしまう場合もあります。

 また、ワンちゃん、ネコちゃんは言葉が話せない、また我慢強いため、どうしても病気の早期発見が難しくなります。病気が進行する前に少しでも早く発見し、治療ができればと考えております。年1回、できれば年2回、現況を把握するためにも健診を受けられてはいかがでしょうか?

 当院では、血液検査、超音波検査、レントゲン検査、糞便検査、尿検査などをセットにしてのペットドック健診を大事なペットの健康管理のためにお勧めしております。詳しくはスタッフまで(予約制)。