再生医療

再生医療とは、ワンちゃん・ネコちゃん自身の細胞・組織または他者の細胞・組織を培養し、 これを用いて傷ついた組織や臓器を修復・再生する医療のことです。 人においては、iPS細胞やES細胞がメインですが、動物においては脂肪組織を用いた体性幹細胞がメインになります。 治療効果としては、血管新生、組織修復、免疫調節、抗炎症作用があり、 このような効果により各種臓器機能の回復を促します。

ガンにおける再生医療は、免疫療法とも呼ばれ、自身の血液を用いて、免疫に携わる血液中のリンパ球を培養し、 その増やしたリンパ球を点滴で体内に戻し、自分の力で生活の質(QOL)を向上させる治療です。 少しでもよりよい生活を維持していくことを目的としています。副作用はほとんどありません。

どちらもまだ、発展途上の治療分野です。 どの病気に効いて、どれだけの効果があるか、まだはっきりわかっていないことが多くあります。 可能性を信じ、また少しでもよりよい生活ができるよう、私たちも取り組んでいきます。


脂肪幹細胞による再生医療

saisei_01

saisei_02


ガンにおける免疫療法での再生医療

saisei_03

saisei_04

saisei_05